韓国語

韓国語の【あいうえお表】一覧表記をチェック!

韓国語 ハングル あいうえお 一覧 表記 読み方


今回は韓国語のあいうえお表記について。


日本人の名前や地名などをハングルで表記しようと思ったらどうなるの?


そんな時に便利な韓国語のあいうえお表記を一覧表にまとめました。


日本語をハングルで表記するときのポイントなども一緒に紹介していきます。

 

スポンサーリンク

韓国語(ハングル)のあいうえお表記一覧

 

まずは基本の50音の一覧表です。

 

 

 

そして、濁音や半濁点、小さい「ゃ・ゅ・ょ」を伴った拗音をまとめた一覧表です。

 

 


サクッと簡単にですが、以上が韓国語を日本語表記してみた場合の「あいうえお表」です。


この表を見れば自分の名前や出身地などの地名もハングルで書けますね。


ただちょっとだけ注意する点があるので、次で補足していきます!

 

スポンサーリンク

韓国語で自分の名前を書きたい!


ハングルで日本語名を表すときのポイントを4つ紹介します。

 

①語頭と語中・語尾で使い分けるか行・た行に注意


上の表を見てみると、「か行」「た行」「きゃ・きゅ・きょ」「ちゃ・ちゅ・ちょ」に関しては、語頭と語中・語尾で文字を使い分けるようにまとめています。


なぜ使い分ける必要があるのかというと韓国語の発音変化「有声音化」によるためです。


例えば・・・

埼玉(さいたま) ➡︎ 사이타마

 

となりますが、もし「사이」としてしまうと、「さいま」となってしまい音が濁ってしまうのです。

 

そのため、語中・語尾では音が濁らないように激音である「」「」「」を使っていく必要があります。


ただ名前に関しては、語頭でも激音を使います(大多数は)。


例えば・・・

高橋(たかはし)➡︎ 타카하시
加藤(かとう)➡︎ 카토

 

ちはる ➡︎ 치하루
ともや ➡︎ 토모야

 

などなどですね。


ただ人名ってちょっと複雑で、ローマ字表記するときも「加藤」さんの場合、「KATO」「KATOU」「KATOH」と3パターンあるんですよね。


なのでハングルでも「가토」「카토」と2パターン目にすることはあると思いますんで、柔軟性のある心で見てみてくださいね。

 

語中に平音を持ってきてしまうと確実に濁音がついて捉えられてしまう、ということは抑えておいてください。

 

②小さい「つ」はパッチム 「ㅅ」で表す


続いて促音とよばれる小さい「つ」の表し方です。


【鳥取(とっとり)】や【服部(はっとり)さん】などといった地名や人名を表記したい時に使えます。

 

小さい「つ」 ➡︎ パッチム 「ㅅ」


小さい「つ」はパッチムを使って表します。

 

鳥取(とっとり)➡︎ 돗토리

 

服部(はっとり)➡︎ 핫토리


このようになります。

パッチム 「ㅅ」を付けるだけなのでわかりやすいですよね。

 

③「ん」はパッチム 「ㄴ」で表す


小さい「つ」以外にももう一つパッチムで表される文字が「ん」です。


【仙台(せんだい)】や【あんな】などといった地名や人名を表記したい時に使えます。

 

ん ➡︎ パッチム「

 

「ん」はパッチムを使って表します。

 

仙台(せんだい)➡︎ 센다이

 

あんな ➡︎ 안나

 

このようになります。

一度覚えてしまえばパッチム 「ㄴ」を付けるだけなのでわかりやすいですね。

 

④ざ行の音は無い


最後に少し補足です。


日本語では「さ行」と「ざ行」があり、「さしすせそ」にも濁音をつけて「ざじずぜぞ」という音がありますが、さ行を表すハングル「ㅅ」は音が濁ることがありません

 

そのため、代わりに近い音として「ㅈ」を使って「ざじずぜぞ」を表します


韓国人が「どうじょ(どうぞ)」や「ありがとうごじゃいます(ございます)」なんていう発音になってしまうのは、日本語のざ行の音と同じ音が韓国語には無いからなんですね。


日本語と韓国語という全く別物の言語なので、音の数や発声方法も異なり、100%完璧に韓国語を日本語に置き換えることはできません。


発音をしっかり習得したいならば、日本語のふりがなに頼らないで外国語を勉強することがとっても大切ですね^^

 

スポンサーリンク

まとめ


今回は韓国語のあいうえお表についてまとめました。


最後までご覧いただきありがとうございます!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-韓国語
-

Copyright © かこたびぶろぐ , All Rights Reserved.