韓国語

【3分でOK】ハングルの組み合わせ方を攻略しよう!

2020年8月18日

ハングル 韓国語 組み合わせ 組み合わせ方


今回はハングルの組み合わせ方について。


本格的にハングルを勉強していく前にこんな組み合わせで文字が成り立っているのか〜という予備知識として読んでみてくださいね。


시작해요〜!!

 

スポンサーリンク

ハングルは母音と子音の組み合わせ


ハングルの仕組みとしてはローマ字と似ています。

 

「か」の音で比較してみた

  • ひらがな:か
  • ローマ字:K(子音)+ A(母音)=KA(か)
  • ハングル:(子音)+ (母音)=(か)

ひとつのひらがなで「か」を表す日本語とは違い、ハングルはローマ字同様に子音と母音を組み合わせることによって一文字を表します。



ローマ字と同じように、ハングルは子音と母音の組み合わせで文字が成り立っています。

▼色分けしてわかりやすくしてみるとこんな感じ。



子音+母音という成り立ちはローマ字と一緒なのですが、ただアルファベッドを横に並べていくローマ字と違って、ハングルはいろんな組み合わせ方があるんです。


そのパターンを今回はまとめていきます。

 

スポンサーリンク

ハングルの組み合わせ方その①


まずは基本の組み合わせ方から。


「子音+母音」の基本の組み合わせパターンは2つあります。

 

 

  • 「아」のように左右に組み合わせるパターン
  • 「주」のように上下に組み合わせるパターン


この2つです。


左右パターンの場合、『左に子音字・右に母音字』これは固定で左右が入れ替わることはありません。


同じように上下パターンの場合は『上に子音字・下に母音字』が固定のお決まりです。


母音字が合成母音の時は、左上に子音字をおさめるように書きます。

 

合成母音字の形の特性上、子音字側に少し食い込むようなスタイルです。

 

スポンサーリンク

ハングルの組み合わせ方その②


次にパッチムがある場合の組み合わせ方。


パッチムがあっても、先ほどの左右または上下の組み合わせが基本となることに違いはありません。

 


左右パターンや上下パターンのさらに下にパッチムとなる終声子音がきます。


終声子音とは文字通り「その文字の一番最後に発音する音」のことです。

 

例えば「한」だったら・・・

【初声】(h)

【中声】(a)

【終声】 (n)

(han)

 

このように組み合わされます。


パッチムが二重パッチムだったとしても同じようになります。

 


左右パターンや上下パターンの下に二重パッチムを組み合わせます。

 

スポンサーリンク

まとめ


今回はハングルの組み合わせ方についてまとめました。


最後までお読みいただいてありがとうございました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-韓国語
-

Copyright © かこたびぶろぐ , All Rights Reserved.